JSPSについてJSPS Bangkok Office

日本学術振興会(Japan Society for the Promotion of Science・JSPS)について

日本学術振興会は、1932年12月に創設され、我が国の学術振興の中核を担う機関として、科学研究費助成事業などの学術研究への助成や、特別研究員事業などの若手研究者養成を研究の自主性と研究の多様性を尊重しながら実施しています。また、世界の学術関係機関ネットワークの主要な一員として、学術に関する国際交流の促進を積極的に行っています。

80年余にわたり我が国の学術振興を担う中核機関として様々な事業を展開してきましたが、平成15年10月、業務の弾力化・効率化を図り、研究者や学術研究機関へのサービスの一層の向上を目指して、文部科学省所管の独立行政法人として新たにスタートいたしました。

日本学術振興会の事業目的は以下の通りです。

  • 学術研究の助成
  • 研究者の養成のための資金の提供
  • 学術に関する国際交流の促進
  • 学術の応用に関する研究等

日本学術振興会ウェブサイト
http://www.jsps.go.jp/

日本学術振興会バンコク研究連絡センター(JSPS Bangkok Office)について

日本学術振興会バンコク研究連絡センターは、日本学術振興会(JSPS)の3番目の海外研究センターとして平成元年(1989年)に開設されました。東南アジアの中心地としての地の利を活かし、日本とASEAN地域全体の学術交流の促進を目的としています。

現在までに15名が所長を歴任しており、人文・社会・自然科学に渡るそれぞれの専門分野を活かして、センター活動の充実に努めてきました。2012年7月からは、山下邦明センター長が着任しております。

日本学術振興会は1978年にタイ学術研究会議(NRCT)と協定を締結しており、バンコク研究連絡センターの活動の多くはNRCTの協力を得て実施しています。

また近年は、日本学術振興会の国際交流事業で訪日経験のある研究者の組織である「JSPS同窓会」の支援も積極的に行っており、現在タイ・バングラデシュ・フィリピンJSPS同窓会の活動支援を行っています。

バンコク研究連絡センターのミッションは以下の通りです。
  • 日本学術振興会とタイ国及びASEAN諸国等の大学・学術機関等との学術交流事業に関する連絡・協議
  • タイ国及びASEAN諸国等の大学・学術機関の研究者等との学術交流・協力に必要な情報・資料の提供及び収集
  • タイ国及びASEAN諸国等における学術セミナーの実施
  • タイ国及びASEAN諸国等における日本学術振興会による招へい経験のある研究者等との交流・協力
  • 学術の国際交流を目的としたタイ国及びASEAN諸国等への訪問者に対する便宜供与
JSPSバンコク研究連絡センターの案内をダウンロードbtn_about_enbtn_about_th

センター長挨拶

山下 邦明

山下邦明 センター長

2012年7月JSPSバンコク研究連絡センター長に着任して以来4年が過ぎ、さらに今後2年間(2018年6月まで)継続勤務することになりました。赴任当初、バンコクに事務所を構える日本の大学は、10数校でしたが、今や40を超えるほどに急増しました。その背景には、一連の「大学の世界展開力強化事業」や「スーパーグローバル大学創生支援事業」などを受託し、ASEAN諸国の大学や研究機関との教職員や学生の交流も含めた連携強化を進めようという日本の大学の戦略が見て取れます。

それらを含めた日本の大学から当センターに協力依頼が来ることが多くなりました。地理的にもバンコクは、ASEANの中心にあり、日本とASEAN諸国の学術交流の拠点となっていくでしょう。その地にオフィスを構える有効性を最大限に生かし、日本の大学の国際化に貢献していきたいと思います。

2016年9月25日

バンコク研究連絡センター長
山下邦明

Search articles

Access

Zoom Google map

JSPS Bangkok Office

No.1016/1, 10th Fl.,
Serm-Mit Tower,
159 Sukhumvit Soi 21,
Bangkok 10110

TEL : +66-2661-6533 FAX : +66-2661-6535 Contact us
JSPS日本学術振興会