第14回JSPSタイ同窓会理事会の実施

2014年4月9日、JSPSタイ同窓会(JAAT)理事会をタイ学術研究会議(NRCT)で行いました。出席者は以下の通りです。

- Executive Committee members
1. Dr. Sunee Mallikamarl, President
2. Dr. Danai Tiwawech, Secretary
3. Dr. Jiraporn Shauvalit, Receptionist
4. Dr. Pornpen Pathanasophon, Registrar
5. Dr. Pacharee Thongkamkoon, Committee
6. Dr. Suratwadee Jiwajinda, Committee

- JSPS Bangkok Office
1. Prof. Kuniaki Yamashita, Director, JSPS Bangkok Office
2. Mr. Daisuke Yamada, Deputy Director Designate, JSPS Bangkok Office
3. Ms. Hiromi Todoroki, International Program Associate, JSPS Bangkok Office
4. Ms. Buabuchamanee Ritthaisong, Liaison, JSPS Bangkok Office

- NRCT
1. Ms. Pimpun Pongpidjayamaad, Director, Office of International Affairs, NRCT
2. Ms. Pawanee Chaleeratnakul, Policy and Planning Analyst
3. Ms. Nattha Paisuwan, Foreign Relations Officer

DSC03008_R

今回の理事会は、新体制となってから初めての会合でした。
同窓会理事のほか、オブザーバーとしてJSPS及びNRCTが参加しました。同窓会理事会での議論、決定事項は下記の通りです。

・前回の議事録の確認が行われました。また、現在の理事会メンバーの任期は2015年2月までとし、その後、新たに同窓会理事を選出することになりました。

・2014年8月8日に開催されるNRCT主催のThailand Research EXPOにおいて、JAATは午前中のセッションで「健康と医療のための研究」というテーマに基づいてセミナーを行うことになりました。Danai理事が日本から講演者を1名招聘し、バンコク研究連  絡センターは招聘にかかる費用を支援する予定です。

・JAATの英語対訳版の規約が承認されました。

・JAAT同窓会員は、現在、98名の研究者が登録されていますが、そのうち55名が会費を払っていないため、今後もJAATの活動についての理解と支援を呼びかけていくことになりました。

・JAATの会員登録料と会費の管理について議論が行われました。

・JAAT規約に基づき、前副会長であるDr. Parithat氏に引き続き任期満了まで副会長を務めていただくことになりました。また、JAATホームページの記事をJAATの担当理事が作成し、バンコク研究連絡センターがホームページに掲載することが確認されました。

・地方におけるJAATの同窓会活動を活発化させるために、チェンマイ大学、ナレスワン大学、コンケン大学から同窓会会員を理事会にオブザーバーとして招聘する意向が確認されました。

・Sunee会長及びJiraporn理事が、5月30日にチェンマイ大学で実施するJSPS事業説明会に参加し、事業説明会後に、JAAT新会員獲得のために同窓会の会合を行うことに決まりました。

・JSPSの新しいロゴを当センターより紹介しました。また、JAATのマークにNRCTのロゴを加えるという案が出され、今後も議論を続けることとなりました。さらに、Sunee会長は、NRCTに対して、JAATの活動への継続的な支援を依頼しました。

・Sunee会長より、NRCT理事長、在タイ日本国大使館大使をJAATの名誉会員として加えたいとの申し出があり、それぞれNRCTと当センターで検討することになりました。

次回のタイ同窓会理事会は、2014年7月2日に実施予定です。

DSC03026_R

会議議事録についてはこちらをご覧下さい。
Minutes of the 14th Executive Committee of JSPS Alumni Thailand