中央大学国際センター所長 白井宏教授らの来訪

2018年11月12日(月)、中央大学国際センター所長の白井宏教授、同大学文学部の若林茂則教授、国際センター事務室の馬場美穂担当副課長、中央大学タイオフィスのTeeraコーディネーターの4名が当センターを訪問されました。

白井教授と馬場副課長は週末にバンコクで開催されたOffice of the Civil Service Commission (OCSC) 主催の国際教育展へ参加のため出張しておられ、若林教授は大学の在外研究(サバティカル)制度によりタイ滞在中で、中央大学がオフィスを設置しているタマサート大学を拠点とされているということでした。

中央大学では来年4月から国際経営学部という英語により学位を取得できる学士課程プログラムを新たにスタートさせる予定で、今回のイベントではその広報を重点的に行われたそうです。

当センターからはJSPS海外研究センターの役割や同窓会組織、外国人研究者招へい事業等についてお話させていただきました。

Teeraさん(一番左)、白井教授(左から4人目)、若林教授(同6人目)、馬場さん(同7人目)

Teeraさん(一番左)、白井教授(左から4人目)、若林教授(同6人目)、馬場さん(同7人目)