カセサート大学でJSPS事業説明会を実施

2017年5月25日、カセサート大学カンペンセンキャンパスにてJSPS事業説明会を実施しました。同大学では2013年から毎年、JSPSタイ同窓会(JAAT)理事でもある Dr. Suratwadee Jiwajindaのご協力のもと事業説明会を開催させていただいております。
説明会は、東京農工大への留学経験をお持ちのAsst. Prof. Dr. Tiwa Pakoktom農学部・研究センター長の挨拶で始まり、引き続き古屋副センター長によりJSPSの概要、土肥国際協力員及び斉藤国際協力員によりJSPS国際事業の説明を行いました。

Dr. Tiwa Pakoktom農学部・研究センター長

Dr. Tiwa Pakoktom農学部・研究センター長


土肥国際協力員

土肥国際協力員

斉藤国際協力員

斉藤国際協力員

その後、JSPS事業経験者である Dr. Suratwadee Jiwajindaにご講演いただきました。
Dr. Suratwadee は、論文博士号取得者に対する支援事業(RONPAKU)を通じて京都大学で博士号を取得されており、プレゼンでは申請手順や日本での研究活動の様子などをお話しいただきました。

Dr. Suratwadee Jiwajinda

Dr. Suratwadee Jiwajinda

説明会には約25名の参加があり、中には京都大学や大阪大学等、日本の大学への留学経験者もいらっしゃいました。一方で、多くが学生及び若手研究者であったため、質疑応答では、外国人特別研究員及び論文博士号取得希望者に対する支援事業(RONPAK)の申請資格や申請手順等を中心に多くの質問がありました。また、既にJSPS国際事業への申請を考えている方もいらっしゃったため、必要論文数や採択後の大学での活動等、より具体的な質問も多くあがりました。

Dr. Tiwa Pakoktom農学部・研究センター長と古屋副センター長

Dr. Tiwa Pakoktom農学部・研究センター長と古屋副センター長

説明会後も申請資格について質問に来る参加者もいらっしゃる等、JSPS国際事業への関心の高さが伺える有意義な事業説明会となりました。

集合写真

集合写真